大阪で残念なホテヘル嬢が相手でも落ち込まない

ホテヘルに行くときは「なるべくカワイイ娘に相手をして欲しい」と浮かれながら行くわけですが、必ずしも毎回カワイイ娘が相手をしてくれるわけではありません。むしろ、そうでないパターンのほうが多いような気がします。

 確かに、最近のホテヘル嬢はかなりレベルが上がってきていますので、昔よりはカワイイ娘に相手をしてもらうことが多くなった気はします。しかし、いまだに「あれ?」と首を傾げたくなってしまうような残念な風俗嬢に相手をしてもらうこともあります。

 しかし、そんなときは「残念だったなあ。失敗したなあ」と悔やんではいけないです。なぜならば、そうしたちょっと残念な風俗嬢というのは、男性同士でする会話のネタとして非常に盛り上がるからです。

 ですから、残念なホテヘル嬢に相手をされたとしても、闇雲に後悔をするのではなく「これで良い風俗ネタができたぞ」と喜ぶくらいでなければ、なかなか風俗を長く楽しむことはできないと私は思います。

 そして、意外なことかもしれませんが、残念なホテヘル嬢に相手をしてもらったほうが記憶に残ります。やはり、残念なホテヘル嬢はそれだけ良くも悪くもインパクトが強いのです。

サブコンテンツ